睡眠の質を高めるために、しない方が良いこと

睡眠の質を高めるために、しない方が良いこと

 

 睡眠の質を高めるために色々な方法を試す方はいらっし

 

ゃると思いますが、逆に睡眠の質を高めるためにしない方

 

が良いことはご存知でしょうか。例えば、眠れないからと

 

寝酒を飲むという人がいます。ですが、お酒を飲むとその

 

場は確かに眠くなるのですが、お酒には覚醒成分が含まれ

 

ているため、逆に眠りは浅くなり、次の日に疲れやだるさ

 

が残ってしまうそうです。他に睡眠の質を下げる要員とし

 

ては、寝る前にスマホやPCをすることだそうです。眠る前

 

ににスマホなどをいじって、明日の天気はどうなんだろう

 

かなどの情報を調べると、逆にそれが脳の覚醒を促すため

 

、眠りに入りづらくなります。また、ブルーライトは朝日

 

と同じ短い波長の光なので、脳が朝日だと勘違いして目覚

 

めてしまうことにも繋がります。後は、満腹状態のまま眠

 

っても眠りの質が落ちるそうです。食べると眠くなります

 

が、その時に実際寝ても消化が始まってしまうため、結局

 

眠りは浅くなりますし、お腹の重さで目が覚めたり、トイ

 

レに行きたくなるなど、睡眠前に満腹状態だと睡眠の妨げ

 

にしかならないのです。こういった、睡眠の質を高めると

 

思ってやった行動が、実は睡眠のためにはやってはいけな

 

い行動だったというものがいくつもあります。もし、寝て

 

も疲れが取れないと思わる方は、自分が睡眠のために良か

 

れと思ってやっている行動に問題がないか、今一度調べて

 

みることをお勧めします。